海外ドラマ

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン1~シーズン7の動画がHuluで配信中!

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿
シーズン1~シーズン7の動画がHuluで配信中!

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿
シーズン1~シーズン7の高画質動画

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 あらすじ

必ず売れる人気推理小説家の『リチャード・キャッスル』。ある日、キャッスルの小説を模倣した殺人事件が起こる。

ニューヨーク市警12分署殺人課の刑事『ケイト・ベケット』に事情聴取をされる。

推理小説の取材と自分の推理小説を模倣されたことを理由に、ニューヨーク市警の美人刑事ベケットに興味津々になったキャッスルは事件への捜査協力を申し出る。

キャッスルの奇抜な推理、奇抜な発想をベケットを始め、ライアン、エスポジートも取り合おうとはしないのだが、キャッスルの推理通りの展開になることもしばしば。

頭の良い刑事『ベケット』の正当な推理、頭のイイ推理小説家『キャッスル』の奇抜な推理もドラマのアクセントとなっています。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 レビュー

「ミステリー作家のNY事件簿 」は、コメディタッチからときにはシリアスなサスペンス展開もあり、伏線もありと回を重ねるごとに、単調にならない、単調にさせない制作意欲を感じ、ストーリーへの深みを味わえます。

自分の小説を模倣した殺人事件でベケットと出会い、自分の小説のネタ探し(取材)を理由に捜査協力を申し出るのですが、お察しの通りキャッスルはベケットを口説きたいという不純な動機で操作協力を申し出たのです。

しかし、人気推理小説家で売れっ子、しかもお金持ちですから女性が放っておきません。

元嫁が出てきたり、パーティーで女性に言い寄られたり、口説きに行ったりと遊び人風なキャッスルです。

その奔放な性格は母親で女優のマーサの影響でもあるようで、それはドラマを観て確認してください。

取材を理由にしたことで、キャッスルは「ニッキーヒート」というベケットをモデルとした小説を発表しますが、これ実際にリチャード・キャッスル名義で出版されたそうです。

翻訳され日本でも販売されているようですね。

現在、シーズン8まで放送されているのですが、娘アレクシスの成長する姿も親の気持ちで視聴できますよ。

キャッスルとアレクシスの父娘関係に憧れたりします。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 キャスト

ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・デヴァー
タマラ・ジョーンズ
トックス・オラグンドイ
ペニー・ジョンソン・ジェラルド
ルーベン・サンチャゴ・ハドソン